pr 証券外務員一種・二種の問題集!平成24年版外務員必携に完全対応!1,000問以上あってたったの1,000円

外務員 > 試験概要

試験概要

二種外務員の試験概要です。
試験範囲は、日本証券業協会から発行される「必携」であり、そこから70問出題されます。
受験資格はなく、どのような人でも受験できますが、一度合格すると再受験はできません。
申込みはWEBから行い、以前はカード払いか後払いでしたが
現在は、カード払いとコンビニでの前払いとなっています。
受験に当たっては、勤務している金融機関を通じて行うことも多いです。

1.試験主催

日本証券業協会

2.受験資格

どなたでも受験できます。 ただし、一度合格した者は受験できません。

3.受験申込み

アール・プロメトリック株式会社

4.試験日

基本的には自分で選択します。
原則として月〜金曜日(土日、祝日、年末年始を除きます)
ただし、試験会場によって実施日が異なりますので申込みの際にご確認ください。

5.申込可能期間

申込日の翌日を1日目として5日目(土日祝日、年末年始を除く)の日から
1か月間に行われる試験の受験を申し込むことができます。

6.会場

全国の主要都市に設置されているプロメトリック株式会社の試験会場

7.受験料

9,240円(税込)

8.出題科目

法令・諸規則 ・金融商品取引法及び関係法令
・投資信託及び投資法人に関する法律並びに関係法令
・協会定款・規則
・取引所定款・規則
商品業務 ・株式業務
・債券業務
・投資信託及び投資法人に関する業務
・付随業務
関連科目 ・証券市場の基礎知識
・株式会社法概論
・経済・金融・財政の常識
・財務諸表と企業分析
・証券税制
・セールス業務
デリバティブ取引
(一種のみ)
・先物取引
・オプション取引
・特定店頭デリバティブ取引

9.出題範囲

(1) 「外務員必携(二種:第一巻〜第三巻/一種:第一巻〜第四巻)」を中心とした範囲
(二種外務員については、信用取引、先物取引、オプション取引及び特定店頭デリバティブ取引等は、二種外務員が行うことが
できる業務の対象外ですがその基礎的知識については、「株式業務、債券業務」等各関連の科目に含めて出題します。)
※関連法令・諸規則等に制度変更があった場合には、新制度に基づいて出題します。
(2) コンプライアンスに関する基本的かつ重要な事項

10.出題数

二種:70問(○×方式50問、五肢選択方式20問)
一種:100問(○×方式70問、五肢選択方式30問)
※○×方式の問題は1問2点、五肢選択方式の問題は1問10点(五肢択二は各5点)

11.合否判定基準

二種:300満点のうち、7割(210点)以上で合格。
一種:440点満点のうち、7割(308点)以上で合格。

12.試験の方法

パソコンにより行います。パソコンの操作はマウスを使用します。

13.試験時間

二種:2時間
一種:2時間40分

14.不合格の場合の受験制限

受験し不合格になった場合、不合格となった受験日の翌日を
1日目として以後30日間はすべての試験を受験することができません。
※この規定に違反して受験したことが判明した場合、合格しても資格が取り消され、別途受験待機期間が設定されます。

15.金融機関を通しての受験

ここに記載した内容は、自分で受験日を決める一般受験で証券外務員資格を取得する場合です。
金融機関などにお勤めの方で、そちらから受験する場合は、必ず各金融機関の担当者へお問合わせください。

16.試験の停止・不合格の取扱い

日本証券業協会は、次の行為を行った者に対し、その者の試験を停止し、又は不合格として取り扱うことがあります。
・試験会場の試験監督者からの指示に従わない者
・携帯電話、メモ等不必要な私物を持ち込んだ者
・受験中に私語を行った者
・カンニング等の不正の手段により試験を受け、もしくは受けようとした者
・メモへの転記等何らかの手段で試験問題を持ち出そうとした者

このホームページは、資格取得を応援するサイトであり日本証券業協会・アールプロメトリック株式会社とは一切関係ありません。