pr 最新の法令に完全対応!証券外務員一種・二種の問題集・模擬試験3回分付きでたったの1,000円

外務員 > Q&A

よくある質問と答え(Q&A)

ボタン 証券外務員試験について
Q1 試験範囲を教えてください?
Q2 試験日はいつですか?
Q3 試験の形式は?
Q4 試験は何時間ですか?
Q5 受験料はいくらですか?
Q6 試験会場はどこですか?
Q7 電卓・筆記用具等は持ち込めますか?
Q8 何点で合格ですか?
Q9 試験結果はいつでますか?
Q10 計算問題は何問出ますか?
Q11 10点問題(5肢選択問題)で正解を2つ選ぶ場合、1つ正解で5点もらえますか?
Q12 受験資格はありますか?
Q13 二種外務員資格を持っていませんが、直接一種を受験することはできますか?


ボタン 試験以外について
Q14 どのような資格ですか?
Q15 一般会員と特別会員の差は?
Q16 誰でも取得できますか?
Q17 良い参考書を教えてください?
Q18 古い問題集や参考書を購入してしまいました。これで勉強しても大丈夫ですか?
Q19 証券外務員必携はどこで売っていますか?
Q20 合格率はどれくらいですか?
Q21 難易度はどれくらいですか?
Q22 どれぐらいで取れますか?
Q23 一回落ちてしまいました、すぐ受験できますか?
Q24 パソコンが扱えません
Q25 どのような勉強をしたら良いですか?
Q26 二種以外の証券外務員資格を教えてください?
Q27 特別会員の外務員資格を受験予定ですが、正会員のテキストで勉強しても大丈夫ですか?
Q28 証券アナリストとは違う資格ですか?

Q1 試験範囲を教えてください?

A 1.『外務員必携』(二種は1〜3巻、一種は1〜4巻 日本証券業協会発行)を中心とした基礎的知識
  2.コンプライアンスに関する基本的かつ重要な事項
  ※二種外務員については信用取引、先物取引及びオプション取引は、行うことができる業務の対象外ですが
  その基礎的知識については「株式業務、債券業務」等各関連の科目に含めて出題
--- 出題科目 ---

法令・諸規則 ・金融商品取引法及び関係法令
・投資信託及び投資法人に関する法律並びに関係法令
・協会定款・規則
・取引所定款・規則
商品業務 ・株式業務
・債券業務
・投資信託及び投資法人に関する業務
・付随業務
関連科目 ・証券市場の基礎知識
・株式会社法概論
・経済・金融・財政の常識
・財務諸表と企業分析
・証券税制
・セールス業務
デリバティブ取引
(一種のみ)
・先物取引
・オプション取引
・特定店頭デリバティブ取引

Q2 試験日はいつですか?

A いつでも受験することができますが、試験の申し込み期間が
  申込日の翌日を1日目として5日目(土日祝祭日、年末年始を除く)から
  1か月間に行われる試験なので、申込み日から5日以上が試験日となります。
  また原則として土日、祝日は受験できません。

Q3 試験の形式は?

A 1.五肢選択(5つのうち正解を1つあるいは2つ選ぶもの)
  2.○×方式
  試験は、会場に備え付けられたパソコンにより行う。パソコンの操作はマウスを使用
  問題数は二種は70問、一種は100問
  ○×方式 二種:50問 一種:70問(1問2点)
  五肢選択方式 二種:20問 一種:30問(1問10点・2つ選ぶものは各5点)

Q4 試験は何時間ですか?

A 二種証券外務員は2時間で、一種証券外務員は2時間40分です。

Q5 受験料はいくらですか?

A 9,240円(税込)です。

Q6 試験会場はどこですか?

A 全国の主要都市で試験が受けられます。
  詳しくは試験会場一覧まで

Q7 電卓・筆記用具等は持ち込めますか?

A 自分のものは持ち込めません!!
  しかし、電卓はパソコンのものを使用できますし
  筆記用具は試験開始前に、専用のもの(ホワイトボードなど)が渡されます。

Q8 何点で合格ですか?

A 二種外務員は300点満点中、7割(210点)以上で合格です。
  一種外務員は440点満点のうち、7割(308点)以上で合格です。

Q9 試験結果はいつでますか?

A 一般受験の場合は試験終了後その場で、紙によって渡されます。
  金融機関を通して受験なされた方は、2営業日以後担当者から通知されます。
  残念なことに、採点は載っていません。

Q10 計算問題は何問出ますか?

A 出題はランダムです。ですので計算問題が何問出題されるかは各個人によって違います。

Q11 10点問題(5肢選択問題)で正解を2つ選ぶ場合、1つ正解で5点もらえますか?

A はい!もらえます。配点は5点・5点だそうです。

Q12 受験資格はありますか?

A 正会員二種・一種であれば、どなたでも受験することができます。
  その他、お勤めの金融機関において出向されていたり、直接外務員資格と関係のない部署に
  配属された場合の特別会員や内部管理責任者の受験資格については、当方では分かりかねます。
  必ずお勤めの金融機関の担当者にお聞きください。

Q13 二種外務員資格を持っていませんが、直接一種を受験することはできますか?

A 可能です。
  以前は、二種をもっていないと受験できませんでしたが
  一種のオープン化に伴い、受験することができるようになりました。

Q14 どのような資格ですか?

A 証券会社(金融商品取引業者等)などで、金融商品(株など)を取り扱うために必要な資格です。
  試験の合格し、登録することによって始めて外務員として活動できます。

Q15 一般会員と特別会員の差は?

A 銀行・保険会社等が「特別会員」で証券会社等が「正会員」です。
  一般に開放されたのが「正会員」の二種と一種外務員資格です。
  証券仲介業務を行うためには、正会員資格が必要となります。
  特別会員試験は正会員より試験範囲が狭く、銀行等に勤務していないと受験できません

Q16 誰でも取得できますか?

A 正会員二種・一種に関しては、受験資格は設けていないので一度合格していなければ
  誰でも何歳でも受験し取得できます。
  特別会員や内部管理責任者は、金融機関に勤めていないと取得できません。

Q17 良い参考書を教えてください?

ランキングを参考にしてください

Q18 古い問題集や参考書を購入してしまいました。これで勉強しても大丈夫ですか?

A 大きく試験の傾向が変わっているわけではないので試験対策にはなりますが
  法改正があった部分は、古い書籍だと対応できていないので注意が必要です。
  法律や証券用語に詳しくない方なら、新しい書籍の購入をおススメします。

Q19 証券外務員必携はどこで売っていますか?

A 一般の書店などでは売っていません!
  日本証券業協会で売っています。

Q20 合格率はどれくらいですか?

A 毎年、日本証券業協会の事業報告書によって報告されていますが
  だいたい50%〜70%くらい(試験の種類によって差があり)はあります。
  きっちり勉強すれば、必ず合格できる資格です。

Q21 難易度はどれくらいですか?

A 試験の難易度を示す値としては合格率があります。これは前述のとおり50%〜70%くらいです。
  次に試験問題の難しさですが、これはきっちり勉強すれば合格できるレベルだと僕は思います。
  最後に試験時間があります。これは試験問題は難しくないけれど、時間が短くてケアレスミス起こしたり最後まで解けない
  などで落とす形の資格試験ですが、外務員試験に関しては試験時間は余ると思います。

Q22 どれぐらいで取れますか?

A 個人差や時間の取り方などがありますが
  だいたい毎日1時間勉強して一ヶ月ぐらいで取得できると思います。
  私は、株や税、会計の知識があったので2週間ほどの勉強で合格しました。

Q23 一回落ちてしまいました、すぐ受験できますか?

A すぐに、受験することはできません!
  不合格となった試験の受験日の翌日から30日間は、証券外務員資格に関する
  すべての試験で再受験することができません。ですから二種受験して、不合格になり
  その10日後に一種を受験することはできません。

Q24 パソコンが扱えません

A 受験するのは大変厳しいです。
  マウスの操作ぐらいは習得しておきましょう

Q25 どのような勉強をしたら良いですか?

A 各自それぞれ勉強の方法はあると思いますが
  基本的には、インプットの後アウトプットをするのが一番でしょう。
  インプットとは参考書などを読んで内容を把握すること、アウトプットは問題集や過去問を解くことです。
  これを数回繰り返すのが良いを思います。

Q26 証券外務員資格の種類を教えてください?

A 正会員(証券会社等)⇒一種外務員・二種外務員・内部管理責任者
  特別会員(銀行・保険会社等)⇒一種外務員・二種外務員・内部管理責任者
  特別会員(保険代理店等)⇒四種外務員

Q27 特別会員の外務員資格を受験予定ですが、正会員のテキストで勉強しても大丈夫ですか?

A 特別会員と正会員とでは、試験範囲が被る部分と違う部分とがあります。
  正会員のテキストや問題集でも勉強は可能ですが、ムダな部分も多いので効率的ではないです。
  正会員の教材で合格される方もいますが、合格へ効率を求めるなら特別会員のテキストや問題集で勉強しましょう。
  また、その逆で特別会員の教材で勉強し正会員を受験するのは、試験範囲の違いからかなり危険だと思われます。

Q28 証券アナリストとは違う資格ですか?

A もちろん違う資格です。
  証券外務員資格はQ12を参照してください
  証券アナリストとは証券投資の分野において、専門知識と分析技術を応用し各種情報の分析と
  投資価値の評価を行い投資助言や投資管理サービスを提供するプロフェッショナルのことをいいます。
  資格の取り方も、外務員は一回のテストで取得できるのに対して
  アナリストは1次レベル、2次レベルと長期的なプランが必要ですし海外でも受験できます。

このホームページは、資格取得を応援するサイトであり日本証券業協会・アールプロメトリック株式会社とは一切関係ありません。