内部管理責任者とは・・・

協会員の内部管理体制強化や適切な営業活動のために作られた資格のことです。
内部管理責任者は営業活動が金商法その他の法令諸規則等に準拠し
適正に遂行されているかどうか常時監査する等適切な内部管理を行わなければなりません。
要するに、社内に不正がないかなどをチェックしあった場合は報告する、管理的な立場の役職を言います。

内部管理責任者の業務

協会員は、営業単位ごとに内部管理責任者を定めなければなりません。
また業務としては営業単位で法令等に遵守しているかを監査し、営業活動・投資勧誘
顧客管理等で違反等があった場合に、すみやかに内部管理統括責任者へ報告し支持を受けることがあります。

内部管理責任者資格の取得方法

基本的には、一種外務員資格を取得していることが受験できる条件となりますので
やはり、金融機関に勤めていないと取得できません。試験はお勤めの金融機関を通して行います。

受験対象者

金融商品取引業者(金融機関)にお勤めの方
使用人などは一種外務員資格の取得が必要となります
※受験資格は各金融機関で違うようなので担当者にお問合わせください。

内務管理責任者の難易度

特別会員の各資格や一種 証券外務員と同様に、仕事をしながらの受験となります。
各資格の合格率は、正会員が85%程度、特別会員が87%程度(日本証券業協会・平成22年度事業報告より)
であり、内部資格として比較的合格率の高い試験と言えるでしょう。簡単だからといって、勉強しないのはダメです!

このホームページは、資格取得を応援するサイトであり日本証券業協会・アールプロメトリック株式会社とは一切関係ありません。