一種外務員 > 試験概要

試験概要

1.試験主催

日本証券業協会

2.受験資格

どなたでも受験できます。
※正会員外務員二種に合格していなくても受験は可能です。

3.受験申込み

アール・プロメトリック株式会社
※金融機関通して外務員資格を受験する場合は、お勤めの会社の担当部門が行います。

4.試験日

原則として月〜金曜日(土日、祝日、年末年始を除きます)
ただし、試験会場によって実施日が異なりますので申込みの際にご確認ください。

5.申込可能期間

申込日の翌日を1日目として5日目(土日祝日、年末年始を除く)の日から
1か月間に行われる試験の受験を申し込むことができます。

6.受験料

9,240円(税込)
コンビニ・Pay-easy払いの場合、別途手数料が必要

7.合否発表

一般受験の場合は試験終了後、試験会場で「外務員資格試験受験結果通知」をお渡しします。
金融機関を通す場合は試験日の2営業日以後、各協会員(金融機関)の担当者に通知されます。

8.試験会場

全国の主要都市に設置されているプロメトリック株式会社の試験会場

9.出題科目

法令・諸規則 ・金融商品取引法及び関係法令
・投資信託及び投資法人に関する法律並びに関係法令
・協会定款・規則
・取引所定款・規則(信用取引を含む)
商品業務 ・株式業務(信用取引を含む)
・債券業務
・投資信託及び投資法人に関する業務
・付随業務
関連科目 ・証券市場の基礎知識
・株式会社法概論
・経済・金融・財政の常識
・財務諸表と企業分析
・証券税制
・セールス業務
デリバティブ取引 ・先物取引
・オプション取引
・特定店頭デリバティブ取引等

10.出題範囲

(1) 「外務員必携(第一巻〜第四巻)」を中心とした範囲
※関連法令・諸規則等に制度変更があった場合には、新制度に基づいて出題します。
(2) コンプライアンスに関する基本的かつ重要な事項

11.出題数

100問(○×方式70問、五肢選択方式30問)
※○×方式の問題は1問2点、五肢選択方式の問題は1問10点(五肢択二は各5点)

12.合否判定基準

440満点のうち、7割(308点)以上で合格。

13.試験の方法

選択方式(5つのうち正解を1つあるいは2つ選ぶもの)及び○×方式で行います。
試験はパソコンにより行います。パソコンの操作はマウスを使用します。

14.試験時間

2時間40分

13.不合格の場合の受験制限

受験し不合格になった場合、不合格となった試験の受験日の翌日を1日目として
以後30日間はすべての試験を受験することができません。

このホームページは、資格取得を応援するサイトであり日本証券業協会・アールプロメトリック株式会社とは一切関係ありません。